青汁の効果と評判を紹介

青汁の効果的な飲み方

青汁は、すごい健康ドリンク!
野菜のいいところを生かした飲み方で、青汁の効果をもぎとりましょう!

 

青汁製品は、空腹時に飲むことで高GI値食品から摂取することなどによって血糖値が急激に上昇するのを予防する事も可能な、比較的低GI値食品に分類されうる食品が基本的に成分となっている事がほとんどです。

 

 

軽い粒状や粉状の個包装の物等、携帯に便利な形状の製品が多いことから、職場や旅先での、疲れた身体を癒すティーブレイクの一杯代わりにポケットなどに忍ばせておいて、さっと水で割って飲む、というのも、一日の中のバランス良い食品配分に効果的に貢献する飲み方といえますね。

 

 

このように、時間や配分に気を付けて、悪い生活習慣を排除するため代替的に使用するのがいいようです。

 

あたかも、体力消耗後のスポーツドリンクのような、各々の体調と身体のニーズに合わせた使い方がやはりお勧めといえます。

 

 

 

いろいろな成分が入ってた方がオトク

一種類の緑の葉っぱだけの食品もいいのですが、今どきは飲みやすさだけではなく、様々な栄養素を意識したブレンドタイプも登場していてニーズに合わせてよりどりみどり、といえます。

 

 

青汁の効果的な飲み方

中には、特別な効能を謳う特定保健用食品、いわゆるトクホの青汁や、栄養機能食品にあたる青汁製品もあります。

 

買う際には注意して表示等を見てみることで、よりいっそう効果の期待できる品を選びやすくなることでしょう。

 

 

グルコサミン入りの物を選んだり、熊笹やよもぎ、青じそ、豆乳、レモンなどとのブレンド味の商品を選んだりすると、一度でより多い栄養素などを補うことも可能になり、続けることで大きな差がつきます。

 

 

期待する効果が含まれる成分が入った青汁製品もおすすめですが、さらに飲みやすさという要素も、青汁を続けていく上では重要です。

 

 

ドライ製品を液状に戻す際、熱湯で溶くとビタミンCなどの熱に弱い栄養素が失われる可能性が大きいので、ぬるま湯や水で飲むのも効果的です。

 

 

 

青汁をおいしくトッピング

青汁は、いろいろな食べ物にカンタンにトッピングができます。

 

 

青汁に牛乳を加えれば、抹茶ミルク風で牛乳の甘さが引き立ってとってもまろやかになります。
また、アイスクリームやシリアルにかけるなど、デザートや朝食にも簡単にアレンジできます。

 

 

青汁のおいしい飲み方のレシピはこちらで紹介しています。

 

 

 

 

毎日青汁を続けるためのコツ

朝やお風呂上がりなど、基本青汁はいつ飲んでもOKです。

 

 

また、食後のお茶がわりにといった、毎日の食習慣の中に上手に取り入れるのが続けるコツです。

 

家族で一緒に飲むとか、食卓などの目につくところに置くなど工夫して飲み続けるとよいでしょう。

 

 

 

私がオススメする青汁

 

神仙桑抹茶ゴールド

発売以来「3000万包」突破!!国際銘茶品評会で【金賞】を受賞!
神仙桑抹茶ゴールドは、お茶職人が独自の伝統製法でこだわって作り上げる健康茶です。

 

 

 

やずやの「養生青汁」

「養生青汁」は飲みやすいので無理なく続けられます。
ミネラルやビタミンを豊富に含んだ大麦若葉を、朝摘みしてその日のうちに搾った青汁には大切な栄養素がたっぷり含まれています。