青汁の効果と評判を紹介

大麦若葉

大麦の成長力で、い・き・い・き健康道!
大麦若葉は、ビタミンB2やE、鉄、マグネシウムなど大切な栄養素がたっぷり。

 

大麦若葉は、他の緑黄色野菜などと比較して、ビタミン、ミネラルなどが多く含まれるので青汁の原料としては代表的なものです。

 

大麦若葉には、さわやかな香りと抹茶のような風味があり、ケールのような癖が感じられ難いことから、継続のしやすさという点でも人気なのです。

 

 

大麦若葉が食用として利用され始めたのは、昭和40年代の頃といわれています。
乾燥末やエキス末が流通しています。

 

 

大麦若葉には、必須栄養素のビタミンやミネラルのほか、葉緑素、酵素、GIVなどフラボノイド類等が豊富に含まれているので、アンチエイジング効果や高いデトックス効果への期待がかかっています。

 

 

また、大麦若葉に豊富に含まれるSOD酵素には、生活習慣の乱れなどが原因で体内に発生するとされている、活性酸素を除去する働きがあるのです。

 

活性酸素は、肌のハリがなくなるのはもちろんのこと、健康にも甚大な影響があるということで知られている、美容と健康維持にとっての不倶戴天の敵なのです。

 

 

大麦若葉

活性酸素の作用を無害化してしまう、などといわれる抗酸化物質のうちの一つのSOD酵素。

 

若返りや健康増進効果といった、いわゆるアンチエイジング効果を期待される物質です。

 

 

大麦若葉は、日頃の野菜不足の解消とともに、食生活を改善していくきっかけとできるように美味しい物が多いです。
他の青汁一般に比べて非常に飲みやすいため、青汁初心者や子供、妊婦さんにうってつけの健康素材として、いま最も注目されています。

 

 

ちなみに、各種のトクホ、つまり特定保健用食品の大麦若葉青汁も何種類か売られています。

 

コレステロールの吸収を抑え、血中コレステロールを低下させる働きのあるキトサンを配合しているタイプのトクホ青汁ならば、コレステロール値が高めの方の食生活の改善に役立ちます。

 

コレステロール値が気になるタイプの人におすすめです。

 

 

また、おなかの調子を整え、便通を改善する食物繊維を配合しているタイプのトクホ青汁は、毎日のおなかの調子が気になる人などに向いています。

 

 

 

 

私がオススメする青汁

 

神仙桑抹茶ゴールド

発売以来「3000万包」突破!!国際銘茶品評会で【金賞】を受賞!
神仙桑抹茶ゴールドは、お茶職人が独自の伝統製法でこだわって作り上げる健康茶です。

 

 

 

やずやの「養生青汁」

「養生青汁」は飲みやすいので無理なく続けられます。
ミネラルやビタミンを豊富に含んだ大麦若葉を、朝摘みしてその日のうちに搾った青汁には大切な栄養素がたっぷり含まれています。