青汁の効果と評判を紹介

青汁の成分

多彩な青汁で健康維持!
青汁はスーパー緑黄色野菜たちから作られています!

 

青汁、と一口にいわれてはいますが、一種類だけが原材料と決まっているわけではないのをご存じでしょうか。

 

 

青汁の成分

青汁はケールやゴーヤ、小松菜などの緑の葉っぱを主とした野菜を原料としています。

 

中でも有名な緑葉の野菜としては、大麦若葉、ケール、桑の葉、明日葉、熊笹、よもぎ、小松菜などがあげられます。

 

 

ケール

ケールは、青汁の原料としてしか、耳慣れないくらい珍しい野菜といえるでしょう。

 

ケールは、地中海原産とされるアブラナ科の野菜で、同じくアブラナ科の野菜のキャベツの変種です。
緑葉カンランという異名があることでもしられています。

 

ケールやブロッコリーなど、アブラナ科の野菜を豊富に摂取していれば、胃ガン、肺ガン、直腸ガンなどの発症のリスクが低いという調査報告もあります。
ですから、ケールなどで生成される青汁には、健康効果が期待されています。

 

 

大麦若葉

大麦若葉は、ケールの飲みにくさを改善し、高い栄養価も兼ね備えた、初心者にうってつけの原材料になります。

 

例えるなら、抹茶風味といったところで、弱年層や年配層にも受けが良く、皆に親しまれる製品の多さのが特徴になっています。
また、SOD酵素という注目の酵素が含まれていることで知られています。

 

 

明日葉

明日葉もまた、クセの無い味が受けて、高い栄養価でも皆に満足される傾向の強い成分の一つです。

 

漢方の材料として、薬用部分の葉は、大昔から使われてきました。
カルコンという独自の成分が注目されています。

 

 

熊笹

熊笹はヨーロッパで民間薬として皮膚病などに使われることがあり、広く親しまれています。

 

青汁にブレンドされることが多く、独自の成分バンフォリンを含んでいることで注目されています。
豆乳やいぐさ、緑茶などが日本人に馴染みがある健康食品としてブレンドされている場合もあります。

 

 

その他の原料

桑の葉茶で知られる桑の葉、小松菜、ゴーヤーといった一般的な緑黄色野菜が、いずれも高い栄養価を評価され、飲みやすいジュースという形で青汁製品となっていることもあるようです。

 

 

また、様々な他の栄養素も一緒に効果的に摂ることなどを目的として、レモン、ヒアルロン酸、コラーゲン、グルコサミンなどをブレンドした青汁製品や、他の健康食品の海藻やはちみつをとり入れた製品などもあり、バラエティ豊かです。

 

 

 

 

青汁(ケール)の栄養価

青汁は、ビタミン・ミネラル・食物繊維など、現代の食生活で不足しがちな栄養素をしっかり含んでいます。

 

青汁の主原料には、ケール、大麦若葉、明日葉などがありますが、特に青汁の原料として代表的なケールの栄養価をみてみましょう。

 

 

ケールとトマトの栄養比較

 

栄養素 含有量
ビタミンA トマトの約
ビタミンC トマトの約
カリウム トマトの約
食物繊維 トマトの約3.7
カルシウム トマトの約31

 

(五訂増補日本食品標準成分表より)

 

 

ケールとキャベツの栄養比較

 

栄養素 含有量
ビタミンA キャベツの約58
ビタミンC キャベツの約
カリウム キャベツの約
食物繊維 キャベツの約
カルシウム キャベツの約

 

(五訂増補日本食品標準成分表より)

 

 

青汁(ケール)はダントツの栄養価!!

上記を見ていただければわかると思いますが、青汁の主な成分であるケールは、ほかの野菜に比べ、ビタミン類、ミネラルの量も非常に多くなっています。

 

まさに、ケールは「野菜の王様」であるといえます。

 

 

 

 

私がオススメする青汁

 

神仙桑抹茶ゴールド

発売以来「3000万包」突破!!国際銘茶品評会で【金賞】を受賞!
神仙桑抹茶ゴールドは、お茶職人が独自の伝統製法でこだわって作り上げる健康茶です。

 

 

 

やずやの「養生青汁」

「養生青汁」は飲みやすいので無理なく続けられます。
ミネラルやビタミンを豊富に含んだ大麦若葉を、朝摘みしてその日のうちに搾った青汁には大切な栄養素がたっぷり含まれています。