青汁の効果と評判を紹介

青汁の製法

乾燥末?ジェル?よりおいしいのはどちら!?
青汁の製法によって、栄養や美味しさが違うのです。

 

緑の葉っぱを絞った健康食品のジュース、青汁は液体以外にも、幾つかの異なった製法で作られています。

 

製法によっては、メリットやデメリットがある場合もあります。

 

 

乾燥(粉末)タイプ

スープやみそ汁などの食品でもよく見かけられる、簡単便利な個包装の乾燥タイプの青汁製品です。

 

 

これは、液体を一旦乾燥させる製法なのですが、最近では、高温の温風で乾燥させる高熱処理製法で作られる製品の割合は減少傾向にあり、フリーズドライ製法で作られていることが多いようです。

 

 

青汁の製法

高熱処理製法で作られた粉末タイプの青汁製品となると、熱で損なわれるビタミンなどの栄養素も多いようです。

 

 

ですから、、絞った青汁を急速凍結したあと減圧し真空状態で氷の水分を昇華させ乾燥させる手法であるフリーズドライ製法タイプの青汁製品は、値段がやや割高となっていても歓迎されている傾向があります。

 

 

高熱処理を経ないフリーズドライ製法で製造された製品ならば、素材の成分が壊れにくいため、熱でビタミンなどの栄養素が壊れる心配がなく、青汁製品の成分が生かされているといえるのです。

 

 

このようなドライ製品となると、粒の細かさや形状はそれぞれ異なってきます。
マイクロパウダー製法による製品といわれる、きめ細かい形状になると、解けやすく、口あたりがスッキリするという特徴もあるのです。

 

 

 

サプリメントタイプ

サプリメントは、青汁を丸くサプリメントの形にして固めてある物です。
味を気にしなくていいので、味に怯えたりこだわったりせずに、気軽に青汁にチャレンジできるという利点があります。

 

とはいえ、どうせ飲むなら味気ないサプリメントよりも、味の良い青汁製品をという考えもあるかもしれません。

 

 

また、冷凍と一口にいっても、殺菌処理で高熱処理された後に冷凍された青汁製品もあって、細かい工程等は個々の製造元によりますので、注意がいるところではあります。

 

 

冷凍したあとに水分を飛ばさずになかばジェル状にして個包装パックされている青汁製品等もあり、濃度に気を配らなくても一定のいい按配になっている利点もあります。

 

 

 

 

私がオススメする青汁

 

神仙桑抹茶ゴールド

発売以来「3000万包」突破!!国際銘茶品評会で【金賞】を受賞!
神仙桑抹茶ゴールドは、お茶職人が独自の伝統製法でこだわって作り上げる健康茶です。

 

 

 

やずやの「養生青汁」

「養生青汁」は飲みやすいので無理なく続けられます。
ミネラルやビタミンを豊富に含んだ大麦若葉を、朝摘みしてその日のうちに搾った青汁には大切な栄養素がたっぷり含まれています。